セ キ ネ 商 事 (株)

所 在 地=実質本社:東京都台東区柳橋2-1-10
      登 記 面: 〃  〃 竜泉3-39-8
 代 表 者=関根 由美子氏
 年  商=5億円
 従 業 員=60人        資 本 金=1300万円
 創  業=昭和29年5月     設  立=昭和55年3月

概  況=8月1日付で事後を米里秀也弁護士(東京都中央区明石町、米里法律事務所、TEL03・3542・7211)に委任、現在自己破産申請の準備中である。
 社交ダンス用シューズを中心に、ウエア、アクセサリーなど、用品全般を扱い、自社ブランド「セキネ」を展開。直営6店舗に加え、通信販売も手掛け、一般顧客向けに販売するほか、大阪・熊本地区の百貨店や全国のダンス教室などにも販路を形成、平成10/2期には年商22億8000万円を計上していた。
 しかし、以降は市況低迷や社交ダンスブームの失速などから減収基調となり、既往から低調であった収益面も採算確保程度に低下。
 近年では、不採算店舗の閉鎖により5店舗体制での運営となったこともあり、依然減収に歯止めがかからず、26/2期には店舗運営費や借入金の金利負担が嵩み赤字に転落。在庫負担も重く、余裕のない資金繰りが続いていたところ、遂に今回の事態となった。
 負債は、債権者約70名に対し約10億円。