倒産速報一覧BANKRUPTCY NEWS 日刊信用情報CREDIT RECORDS 国内企業調査DOMESTIC FIRM INQUIRY 海外企業調査OVERSEAS FIRM INQUIRY シンコーDBサービスSHINKO DB SERVICE 企業要覧 COMPANY SURVEY

GENERAL 倒産統計総合版

倒産統計総合版詳細

2020年01月07日

2019年12月 倒産統計総合版

 負債30億円以上の大型倒産は6社で、前年同月比4社の増加、前月比では同数となった。上場企業の倒産については1月の(株)シベール(JQ上場、山形市、2月18日上場廃止)以降に発生はなく、18年19年と1社の倒産にとどまった。負債100億円以上の大型倒産は11月に続いて2件発生した。大阪では池田開発㈱の104億円、年の瀬近くに今年2番目の大型倒産となった㈱淡島ホテルが400億円で破産開始。
 全国の累計倒産件数は約8411件(前年比+2.1%)。昨年後半より倒産の減少傾向は底打ちしていたが、下期は毎月700件台と増加傾向が続いていた。負債総額では17年の約3.2兆円、18年の1.5兆円から19年は目立った大型倒産もなく1兆3080億円にとどまった。
 うち関西地区の倒産件数は約2195件(同+4.6%)、負債総額は約2096億円(同-12.9%)となった。19年も中小・零細を中心に倒産は増えたものの、同地区で負債100億円以上の倒産は12月に民事再生法を申請した池田開発㈱のみ。厳しい外部環境下、金融機関の柔軟な継続支援や穏やかな為替推移、株高、大企業の安定した業績の下支えもあって、波乱の少ない1年となった。
 海外の動きは米中間の関税引き上げ競争に終着点が見い出せず、大きな不安を抱えたまま年越しとなった。そのほか徴用工問題に端を発した日韓関係もドロ沼化で訪日韓国人の激減に歯止めがかからず解決策は未だ見出せていない。騒乱続く香港大規模デモも終息が見出せず、英国のEU離脱など海外の騒々しい案件はすべて持越しとなった。
 国内では新元号「令和」に決まり新天皇が即位。ラグビーW杯で初の決勝トーナメント進出や渋野日向子選手の全英女子オープン優勝など明るい話題も多かった。しかし、今年も列島を襲った台風15号、19号による未曽有の大雨で各地で河川が氾濫・決壊し、多くの人命を奪う甚大な被害をもたらした。
 2020年の見通しは米中貿易摩擦が長引けば世界経済の減速圧力は一段と強まり、外需は引き続き厳しく、輸出の回復が遅れれば国内の調整局面も懸念される。しかし、消費増税の影響は限定的で、久方振りに国土強靭対策として10兆円規模の補正予算が期待され、また東京オリンピックも控え、20年も内需に牽引される形での底堅い推移が予想される。

CONTACT
お問い合わせ

当サイト・弊社に関するお問い合わせ、また弊社サービスのご利⽤のお申し込みも下記よりお願い致します。

オンラインでのお問い合わせ

お問合せフォーム

お電話でお問い合わせ

受付時間:9:00〜17:15(⼟日祝除く)

大阪

06-6262-2468

東京

03-3661-1411

日刊信⽤情報電⼦版
ご購読者様

電⼦版後購読者様は下記よりログイン頂き、日刊信⽤情報電⼦版をご覧ください。

大阪版はこちら
ご購読者マイページへ
東京版はこちら
ご購読者マイページへ
(パソコン版)
ご購読者マイページへ
(スマートフォン・タブレット版)

SHINKO DB SERVICE
シンコーDBサービス

シンコーDBサービスは繊維業界を中⼼心とした企業データベースサービスです。

●必要なときに必要なものをリアルタイムに情報を取得できる。
●企業判断の確かな指標として利用できます。

利用する

COMPANY SURVAY
企業要覧

売上高Webサイト

●要覧ご購入のお客様

利用する