倒産速報一覧BANKRUPTCY NEWS 信用情報CREDIT RECORDS 国内企業調査DOMESTIC FIRM INQUIRY 海外企業調査OVERSEAS FIRM INQUIRY シンコーDBサービスSHINKO DB SERVICE 企業要覧 COMPANY SURVEY

FIBER 倒産統計繊維版

倒産統計繊維版詳細

2021年03月03日

2021年2月 倒産統計繊維版

 2021年(令和3年)2月の全国繊維業者の倒産(負債額1000万円以上=整理・内整理含む)は17件で、3カ月連続同数の過去最少、前年同月比では16件(48.5%)減と、昨年5月から10ヶ月連続の減少となった。
 負債額は37億2800万円で前月比17億1500万円(85.2%)増、前年同月比では1億8900万円(4.8%)減少した。
 負債額10億円超の大型倒産は㈱サンクローバー(岐阜市、婦人フォーマルウエア製造、負債額16億2300万円)1社で、昨年11月以来3か月振りの発生となったが、その他はすべて負債額5億円未満、約半数が負債額1億円未満の少額倒産と、この傾向は変わらない。
 ㈱サンクローバーは、婦人フォーマルの専業でブラック中心にカラーフォーマルほかを扱い、量販店向けの国産品主体にインターネット通販向けの海外製品を構成して、ピーク時の1994/6期は売上高34億3644万円、税務申告利益1億1299万円を計上していた。しかし、1999/6期に年商30億円を割り込んでから一進一退の業績推移となり、直近4期間は量販店の不振のあおりで、売上が急激に落ち込み、連続赤字決算となっていた。
 緊急事態宣言や外出自粛要請などにより、結婚式、年忌法要、入学式や卒業式などフォーマルウエアを必要とする行事が激減して、当社を取り巻く販売環境は著しく悪化した。この状況下にあって、コロナ融資1億2000万円を借り入れて運転資金に運用したものの、昨年7月5日及び8月5日決済の手形をジャンプ要請したことで対外信用が低下。一部では前金での取引を強いられ、余力のない資金繰りが続く中、3月1日以降の支払いの見通しが立たず、自力再建を断念した。
 繊維業界では倒産件数、負債額とも低い水準が続いているが、前述の㈱サンクローバーのようにコロナ禍以前から厳しい経営を強いられている企業も少なくはない。コロナ融資の運用が、ひっ迫する資金繰りの「救世主」となり、倒産の発生を抑制していることは間違いない。しかし、一部を除く店頭の販売状況は、昨年から好転することなく厳しい商況下にあり、中には一旦は回復基調になりながら、長引く外出自粛要請により、再度、売上を落としている企業も出はじめている。
 倒産はしばらく落ち着いた状況で推移するとみられるが、コロナ融資が底をつき、追加の融資も期待できない企業などが潜在しており、先行き倒産多発に転じる可能性は否定できない。
 業種別では、「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」6件、「小売商」「その他」各4件、「ニット製品・洋品雑貨製造卸」2件、「織物卸」1件。
 原因別では、「業績ジリ貧」が12件で70.6%を占め、「業況急変」4件、「貸し倒れ損失」1件。

CONTACT
お問い合わせ

当サイト・弊社に関するお問い合わせ、また弊社サービスのご利⽤のお申し込みも下記よりお願い致します。

オンラインでのお問い合わせ

お問合せフォーム

お電話でお問い合わせ

受付時間:9:00〜17:15(⼟日祝除く)

大阪

06-6262-2468

東京

03-3661-1411

信⽤情報Web版
ご購読者様

Web版ご購読者様は下記よりログイン頂き、信⽤情報Web版をご覧ください。

大阪版はこちら
ご購読者マイページへ
東京版はこちら
ご購読者マイページへ

SHINKO DB SERVICE
シンコーDBサービス

シンコーDBサービスは繊維業界を中⼼とした企業データベースサービスです。

●必要なときに必要なものをリアルタイムに情報を取得できる。
●企業判断の確かな指標として利用できます。

利用する

COMPANY SURVAY
企業要覧

売上高Webサイト

●要覧ご購入のお客様

利用する