倒産速報一覧BANKRUPTCY NEWS 信用情報CREDIT RECORDS 国内企業調査DOMESTIC FIRM INQUIRY 海外企業調査OVERSEAS FIRM INQUIRY シンコーDBサービスSHINKO DB SERVICE 企業要覧 COMPANY SURVEY

FIBER 倒産統計繊維版

倒産統計繊維版詳細

2021年08月04日

2021年7月 倒産統計繊維版

 2021年(令和3年)7月の全国繊維業者の倒産(負債額1000万円以上=整理・内整理含む)は28件で、前月比8件(40.0%)増、前年同月比では4件(16.7%)増となり、15カ月振りに前年を上回った。
 負債額は58億7200万円で前月比18億6200万円(46.4%)増、前年同月比では20億5600万円(53.9%)増加した。
 負債額10億円超の大型倒産は㈱エス・ピー・エム(名古屋市、紳士カジュアルウエア製造、負債額13億円)、㈱マリーン5清水屋(山形県酒田市、百貨店、負債額10億円)の2件。同5億円以上は㈱三洲(名古屋市、紳士セーター類製造、負債額8億6700万円)、㈱アムデフィル(東京都渋谷区、婦人セーター類ほか製造、負債額6億円)と同社の子会社㈱オウル(東京都渋谷区、レザーウエア製造、負債額5億円)の3件が発生したことで、負債額を押し上げる結果となった。
 名岐地区では5月に㈱コイケ(名古屋市、紳士カジュアルウエア製造)、6月に㈱ガゼール(岐阜県羽島郡、紳士カジュアルウエア製造)と大型倒産が相次いで発生し、当月も業種が近い㈱エス・ピー・エムと㈱三洲が破たんした。
 ここ数年続いている暖冬のあおりなどから、店頭の販売不振が長期化する中、量販店を販売対象とするアパレルが多い同地区では、業況が悪化している業者も少なくはない。その状況下にあってコロナ禍となり、金融機関の取引姿勢が従前と比べ硬化しているとも伝えられる。前述の4社の破たんに至る要因は、資金繰りが立ち行かない状況に陥ったという点で一致している。長期化する業界不振により、コロナ関連緊急融資の効果も薄れていると囁かれる中、同業態の業者の動向は、規模の大小を問わず、今後しばらくは注視する必要がある。
 新型コロナウイルス感染拡大が続き、東京都には4回目の緊急事態宣言が発令され、飲食業への休業、百貨店などには引き続き時短要請が行われる中、東京オリンピックが開幕し、消費動向が上向くことも期待された。繊維業界では百貨店ほかが昨年中止したセールを開催したことで、高額商品には動きが見られたものの、長雨の影響などから夏物商戦は全般的に盛り上がりに欠け、一部ECは堅調ながら、店頭は再度足踏み状態と言える。
 月末になって新型コロナウイルス感染が再拡大していることから、今後夏休みの旅行・外出、お盆休みの帰省自粛などにより、更に足元の消費が冷え込むことも予想される。
 コロナ前の売上水準に回復しない中、特別融資の導入などで借入金だけが増加して、財務が悪化している中小・零細企業が多く、今後返済負担が重くのしかかり、事業継続を断念せざるを得ない状況となる可能性がある。
 業種別では、「小売商」11件、「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」7件、「ニット製品・洋品雑貨製造卸」「その他」各4件、「織物卸」「呉服・和装製品製造卸」各1件。
 原因別では、「業績ジリ貧」が23件で82.1%を占め、「業況急変」5件。

CONTACT
お問い合わせ

当サイト・弊社に関するお問い合わせ、また弊社サービスのご利⽤のお申し込みも下記よりお願い致します。

オンラインでのお問い合わせ

お問合せフォーム

お電話でお問い合わせ

受付時間:9:00〜17:15(⼟日祝除く)

大阪

06-6262-2468

東京

03-3661-1411

信⽤情報Web版
ご購読者様

Web版ご購読者様は下記よりログイン頂き、信⽤情報Web版をご覧ください。

大阪版はこちら
ご購読者マイページへ
東京版はこちら
ご購読者マイページへ

SHINKO DB SERVICE
シンコーDBサービス

シンコーDBサービスは繊維業界を中⼼とした企業データベースサービスです。

●必要なときに必要なものをリアルタイムに情報を取得できる。
●企業判断の確かな指標として利用できます。

利用する

COMPANY SURVAY
企業要覧

売上高Webサイト

●要覧ご購入のお客様

利用する