倒産速報一覧BANKRUPTCY NEWS 信用情報CREDIT RECORDS 国内企業調査DOMESTIC FIRM INQUIRY 海外企業調査OVERSEAS FIRM INQUIRY シンコーDBサービスSHINKO DB SERVICE 企業要覧 COMPANY SURVEY

FIBER 倒産統計繊維版

倒産統計繊維版詳細

2021年10月05日

2021年9月 倒産統計繊維版

 2021年(令和3年)9月の全国繊維業者の倒産(負債額1000万円以上=整理・内整理含む)は15件で、前月比3件(25.0%)増、前年同月比では6件(28.6%)減となり、過去最少を更新した先月に次ぐ低水準だった。
 負債額は30億9800万円で前月比10億3700万円(50.3%)増、前年同月比では17億9900万円(36.7%)減少した。
 負債額10億円超の大型倒産は発生せず、同5億円以上は㈱イノウエ(京都市伏見区、かばん・袋物製造、負債額7億円)、㈱三鈴(東京都品川区、婦人服製造小売、負債額6億6100万円)、㈱エス・エヌ・シー(名古屋市中区、婦人服製造、負債額5億6000万円)の3社。その他は大半が負債額1億円未満の小規模倒産だった。
 ㈱三鈴は婦人服全般を扱うSPA業者で、関東地区を中心に多店舗を展開。ピーク時の1997/3期には約130店を運営し、年商142億3000万円を計上していた。その後業績悪化により、2008年10月東証1部上場の㈱ヨンドシーホールディングス(東京都品川区)、2016年4月札証アンビシャス上場のRIZAPグループ㈱(東京都新宿区)、2020年3月東証マザーズ上場のITbookホールディングス㈱(東京都中央区)の子会社である東京アプリケーションシステム㈱(新潟市中央区上所、受託開発ソフトウエアほか)、今年8月アパテックジャパン㈱(東京都港区、受託開発ソフトウエアほか)の各子会社となるなど相次ぎ親会社が異動。この間も業績不振が続き信用不安が高まる中、遂に破たんとなった。
「緊急事態宣言」及び「まん延防止等重点措置」の期間延長措置が度重なった影響により、消費は冷え込み、中でも百貨店の対前年割れが顕著となった。時短営業と入場制限から来店客数が落ち込み、高額衣料品やインバウンド需要で伸長していた化粧品、時計、宝飾品などの動きが総じて低迷した。一方、チェーンストアでは食料品や日用品など生活必需品の動きは堅調で、百貨店ほどの落ち込みはみられなかった。
 10月1日から緊急事態宣言、まん延防止等の規制が解除となり、消費回復に期待が持たれるが、中間流通段階では輸入に依存している商材は、中国の燃料高騰による工場稼働率悪化、ベトナムのロックダウン継続等の影響により、入荷状況が極端に悪化しているケースが見受けられ、供給面で不安、課題を抱えている。
 繊維業界では引き続き、中小零細企業を中心に、継続する雇用調整助成金の特例措置、コロナ関連融資などの制度を活用しながら、落ち込みが続く業績、収益の補填に努めており、引き続き倒産発生は低い水準で推移することが予想される。しかし、先行き業績の回復が望めないことから、余力のあるうちに資産売却、借入返済、M&Aや事業譲渡による会社解散(清算)など、倒産以外で企業淘汰、業界再編が進んでいく可能性がある。
 業種別では、「小売商」7件、「その他」5件、「紳士・婦人・子供服・被服製造卸」2件、「織物製造」1件。
 原因別では、「業績ジリ貧」が12件で80%を占め、「業況急変」3件。

CONTACT
お問い合わせ

当サイト・弊社に関するお問い合わせ、また弊社サービスのご利⽤のお申し込みも下記よりお願い致します。

オンラインでのお問い合わせ

お問合せフォーム

お電話でお問い合わせ

受付時間:9:00〜17:15(⼟日祝除く)

大阪

06-6262-2468

東京

03-3661-1411

信⽤情報Web版
ご購読者様

Web版ご購読者様は下記よりログイン頂き、信⽤情報Web版をご覧ください。

大阪版はこちら
ご購読者マイページへ
東京版はこちら
ご購読者マイページへ

SHINKO DB SERVICE
シンコーDBサービス

シンコーDBサービスは繊維業界を中⼼とした企業データベースサービスです。

●必要なときに必要なものをリアルタイムに情報を取得できる。
●企業判断の確かな指標として利用できます。

利用する

COMPANY SURVAY
企業要覧

売上高Webサイト

●要覧ご購入のお客様

利用する