倒産速報一覧BANKRUPTCY NEWS 信用情報CREDIT RECORDS 国内企業調査DOMESTIC FIRM INQUIRY 海外企業調査OVERSEAS FIRM INQUIRY シンコーDBサービスSHINKO DB SERVICE 企業要覧 COMPANY SURVEY

GENERAL 倒産統計総合版

倒産統計総合版詳細

2021年03月09日

2021年2月 倒産統計総合版

 負債20億円以上の大型倒産は4社で、前年同月比及び前月比でもプラスマイナスゼロという結果となった。なお、上場企業の倒産は2020年9月コンテンツ事業などを手がける(株)Nuts(東京、JASDAQ、破産)以後、発生は認められない。また、100億円以上の倒産は今年1月に会社更生法の適用を申請した大興製紙(株)(静岡県富士市、負債140億円)1社であるが、当月は超大型倒産が発生しなかった。
 関西地区の負債規模トップは㈱クリエートの20億円。総合警備を手がけ、ピーク時の2018/8期には年収入高23億2900万円を計上していた。しかし、銀行からの借入金などにおいて簿外債務が発覚し、決算書に疑義が生じるなど信用不安が伝播、主要得意先からの受注がストップする事態に。加えて、コロナ禍で緊急事態宣言の発出により、大型イベントが相次いで中止となり、高利による市中金融導入も噂されていたところ、昨年11月に資金ショートを起こし、成り行きが注目されていた。
 全国の企業倒産は443件で前年同月の650件を大きく下回り(31%減)、前月比でも31件(17%減)下回った。負債額では約675億円となり前年同月の約710億円を下回り(5.3%減)、前月比でも17%ほど下回った。
 関西地区の倒産件数は103件で前年同月の170件を大きく下回り(40%減)、前月比でも27件減(22%減)となった。
 関西地区の倒産件数は6カ月連続で前年同月を下回り、2月としてはこの30年間で最低、負債額ではこの40年間で最少額となった。
 緊急事態宣言の再延長下、ワクチンの普及状況や東京オリンピックなど先行き不透明であるが、年度末を向かえて中小企業の多くは資金繰り逼迫を避けられず、負荷に耐えられない企業の倒産が増加する可能性もある。
総合版大型倒産(20億円以上)
㈱ムツミグローバルフーーズネットワーク(東 京、食料品、負債額40憶円、弁護士委任)
㈱万象ホールディングス(埼 玉、断熱材、負債額29億円、民事再生法申請)
㈱コスメティック・アイーダ(神奈川、化粧品ほか、負債額26憶円、破産申請)
㈱クリエート(兵 庫、総合警備、負債額20憶円、、弁護士委任)

CONTACT
お問い合わせ

当サイト・弊社に関するお問い合わせ、また弊社サービスのご利⽤のお申し込みも下記よりお願い致します。

オンラインでのお問い合わせ

お問合せフォーム

お電話でお問い合わせ

受付時間:9:00〜17:15(⼟日祝除く)

大阪

06-6262-2468

東京

03-3661-1411

信⽤情報Web版
ご購読者様

Web版ご購読者様は下記よりログイン頂き、信⽤情報Web版をご覧ください。

大阪版はこちら
ご購読者マイページへ
東京版はこちら
ご購読者マイページへ

SHINKO DB SERVICE
シンコーDBサービス

シンコーDBサービスは繊維業界を中⼼とした企業データベースサービスです。

●必要なときに必要なものをリアルタイムに情報を取得できる。
●企業判断の確かな指標として利用できます。

利用する

COMPANY SURVAY
企業要覧

売上高Webサイト

●要覧ご購入のお客様

利用する